実印向きの印鑑

実印イメージ

実印といわれる印鑑は、一人一本までに限られます。
実印として登録できる印鑑が何本もあると、ややこしくなってしまいますからね。
そのため、自分の持っている印鑑で、一番立派で一番偽造されにくいような書体のものが好まれるのです。

では、実印として登録できる印鑑を複数持っていた場合はどうでしょうか。
実際に、実印として登録できる印鑑は、ある程度書体が決められています。
そのため、なんでもいいというわけではないのです。

ですが、普通に100円くらいで売っているような安い印鑑に使われている書体も、実印として使える書体を利用しているものもあります。
そのため、これらだって、実印になることも出来るわけです。

そうすると、実印候補はかなりの数になってくるでしょう。
ひとりで複数の印鑑を持っている人は、どの印鑑を実印として利用すればいいのか思わず迷ってしまうかもしれません。

ずば抜けて高くて良い印鑑をもっていれば、決断は早いかもしれませんが、そうでもないとなると、どれも候補から外れることが出来なくなってしまいますからね。

そんなときは、思い切って、新しい実印用の印鑑を買ってみるのもいいでしょう。
決して高価なものではなくても、いま手元で悩んでいるものより偽造されにくく、見た目のすぐれた印鑑がたくさん売っているはずです。
いっそ悩むぐらいなら、心機一転、新品で楽しんでみるのもアリかもしれませんね。

〔納得のいく印鑑〕

引用:

実印は法律上、社会上の権利や義務の発生をともなうもので、遺言状などの公正証書の作成や、保険金の受け取り、遺産の相続、会社法人の発起人になるとき、官公庁での諸手続、自動車や電話の取引など、様々な契約の場で実印と印鑑登録証明書が必要となります。
実印をまだ持っていない、印鑑登録を行っていないという方は今から準備を始めましょう。
印鑑屋さんに行って、実印をください!といっても、実印はじつは印鑑屋さんでは販売していないのです。

リンク先:印鑑は手彫りがいい

ページの先頭へ