中国・韓国での印鑑

印鑑イメージ

印鑑の風習は、中国から伝わった文化です。
今でも元寇があった博多湾からは、当時の元の船団の印鑑が出土するとか聞きます。

印鑑文化があるのは、東アジアのはんこ文化発祥の地の中国を始め、韓国や台湾などのアジアの国々だけだそうです。
しかも、はんこが日常的に必要とされるのは、日本と韓国ぐらいなんだとか。

中国でも、公印や企業印はあっても、大衆の間ではほとんど使われません。
ハンコは使わずにサインで済ますらしいです。

しかし、書画や陶芸などの分野では、中国と韓国でも日本と同じように印鑑を押す文化があるんだとか。

韓国は、日本と同じくはんこが日常的に使われると言われますが、一般の書類はサインで済ますことが多いそうです。
大事な契約書類は、日本と同様に印鑑を押すみたいですが。

韓国のはんこ屋さんは、製作費が日本よりも安いみたいで、韓国で印鑑をオーダーメイドする日本人観光客も大勢いるそうです。
また、路上にもハンコ彫りのおじさんが大勢いるみたいです。

お土産として、ハングル文字の自分の印鑑を作って貰うのもいいですね。
でも、ハングル表記だから使い道ないですかね…。

韓国を訪れる韓流ファンは、皆さんお土産としてハングル文字の印鑑買われるんでしょうか。

調べていたら、どうやら韓国は、2009年から2014年までに、印鑑証明制度を段階的に廃止するようです。
日帝強占期の1914年に契約や本人を証明するために導入したという韓国の印鑑証明制度は100年間続いたそうです。

これで日常的にはんこを必要とする先進国は日本だけになってしまいますね。
なんだか寂しいです。

〔印鑑の知識〕

引用:

さて、はんこといえば、実にいろいろな種類があるわけですが、皆さんはどんなときにどの印鑑を使って・・・ あの印鑑はなんと呼ばれていて・・・ 私の持っている印鑑の印材の名前は・・・ などなど、しっかりと答えることが出来るでしょうか。
実際に、これらを正確に答えられる人は少ないかもしれませんね。

リンク先:印鑑の区別

ページの先頭へ